トップページ   >   利用規約

■利用規約


第1 目的

岐阜県電子調達サービス利用規約(以下「本規約」といいます。)は、岐阜県電子調達サービス(以下「本サービス」といいます。)を利用するために必要な事項を定めるものです。
 

第2 使用許諾

本サービスを利用してインターネットを通じた岐阜県への見積金額情報の送信を行う方(以下「利用者」といいます。)は、本規約を十分に読み、理解し、同意していただくことが必要です。

本規約に同意されない方は、本サービスの御利用をお断りいたします。なお、同意されない方も、本サービスで行う手続を、岐阜県の窓口にて行うことができます。

また、本規約に従う利用者に対してのみ、本項に定める適切な利用目的の適用範囲内において、本サービスの利用を許諾します。

「適切な利用目的」とは、岐阜県への見積金額情報の送信とします。

「適用範囲」とは、岐阜県が発注する物品及び役務に係る調達案件のうち、本サービスで公開される調達案件とします。
 

第3 知的財産権

本サービスにかかる知的財産権は、いかなる場合であっても利用者に帰属することはありません。

本サービスに含まれているプログラム及びその他著作物の修正、複製、改ざん、販売等、本サービスの適切な利用以外のいかなる行為も禁じます。

本サービスは、利用者に対し、本規約に従い、前項に定める「適切な利用目的」に限り、非独占的に使用許諾されるものです。本サービスの利用は、本サービスの知的財産権の許諾または譲渡その他、利用者に対してこの許諾以外のいかなる権利も付与するものではありません。

 

第4 禁止事項

本サービスの利用においては、次に掲げる行為を禁止します。
 

(1) 適切な利用目的以外の目的で利用すること。
(2) 本サービスに対し、不正にアクセスすること。
(3) 利用者自身の真正な個人情報以外の情報により、利用者情報を登録すること。
(4) 他の利用者ID及びパスワード又は受付番号等を不正に入手すること。また、これらを使用すること。
(5) 本サービスのコンテンツを修正、複製、改ざん、又は販売すること。
(6) 本サービスの管理及び運営を妨害し、又は、妨害の恐れのある行為をすること。
(7) 本サービスに対し、ウィルスに感染し、また、感染したおそれのあるファイルを送信すること。
(8) 本サービスのコンテンツの全部又は一部を第三者に頒布、送信その他の方法で提供すること。
(9) 本サービスに含まれる著作権表示その他の財産権表示を消去又は剥奪すること。
(10) その他法令等に反すると認められる行為をすること。


第5 免責事項

岐阜県及び岐阜県から電子調達サービス提供事業業務の委託を受けた者(以下「受託者」といいます。)は、次に掲げるいかなる損害に対しても、原因の如何を問わず、一切の責任を負いません。
 

(1) 利用者がサービスを利用したことにより発生した利用者の損害及び利用者が第三者に与えた損害
(2) 第14 利用時間の規定によって本サービスの改修及び運用の停止、休止又は中断、障害による利用停止等によって生じた損害
(3) 利用者以外の者による利用者ID及びパスワードの使用により利用者に生じた損害

第6 本規約の変更

岐阜県は、必要があると認めるときは、利用者への事前の通知を行うことなく、本規約を変更し、又は新たな条項を追加することができるものとします。利用者は、利用の都度この規約の確認を行うものとします。本規約の変更後に本サービスを利用した場合は、変更後の規約に同意したものとみなします。

変更後の規約に同意できない方は、本サービスの利用をご遠慮ください。同意されない方も、本サービスで行える手続を、岐阜県の窓口にて行うことができます。

 

第7 利用者登録

利用者は、本サービスの利用にあたって、利用者ID及びパスワードを取得する必要があります。

本サービスの利用者は、岐阜県入札参加資格者名簿(建設工事以外)に登載された者が岐阜県電子調達サービス登録申請書を、岐阜県(出納管理課)に提出することとします。

岐阜県は、当該登録申請書の内容を確認のうえ、利用者ID及びパスワードを登録し、その内容を当該申請者に通知することとし、この通知により登録手続きは完了するものとします。

 

第8 利用者ID及びパスワードの管理

   岐阜県が利用者に付与する利用者ID及びパスワードが本サービスに入力されることをもって、当該利用者ID及びパスワードの入力と 本サービスの利用が利用者本人によって行われたものとみなされます。
   また、本サービスを通じて送信される見積金額情報は、真正なものと推定します。
   利用者は利用者ID及びパスワードを厳重に管理し、第三者への漏洩を防ぐ責任を負うものとします。パスワードについては定期的な変更により第三者への漏洩防止に努めることとします。
   利用者は、利用者ID及びパスワードの紛失、盗難及び不正利用等が判明した場合は、速やかに岐阜県に通知する義務を負い、その指示に従うものとします。
 

第9 システムの使用環境

利用者は、サービスを利用するために必要となる適切なソフトウェア等の設備を自らの責任と負担において整備することとします。

岐阜県は、利用者の前項設備によりサービスの提供ができない場合、そのことにより発生するすべての影響に関して、一切の責任を負わないこととします。
 

第10 利用者の名称等の変更

利用者は、その住所又は所在地、商号又は名称、Eメールアドレス等に変更があった場合は、速やかに岐阜県が定める所定の変更手続を行わなければなりません。

変更手続は、「入札参加資格審査申請変更届」を岐阜県(出納管理課)に提出することにより行うこととします。
 

第11 不正アクセス行為等

   本サービス利用者は、不正アクセス行為等により見積金額情報の書換え等が行われる可能性があることを承知した上で、自らの責任において電子調達に参加するものとします。
   不正アクセス行為等により書換えられた見積金額情報が岐阜県に提出された場合で、利用者が当該調達案件に係る契約締結期限日までに当該電子データの書換えを証明できないときは、利用者は契約締結の義務その他、当該電子データの提出に関して生ずる一切の義務を負うものとします。
 

第12 利用停止

   岐阜県は、利用者が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合は、事前に通知することなく当該利用者の本サービスの利用を停止することができるものとします。この場合、利用停止の期間については岐阜県が別途定めるものとします。利用者は、この措置について何らの異議申立て等を行わないものとします。

(1)

本サービス利用者が岐阜県入札参加資格者名簿(建設工事以外)に登載されなくなった場合

(2)

本サービス利用者が「県製造の請負、物件の買入れその他の契約に係る指名停止措置要領」に基づく指名停止措置を受けた場合

(3)

本規約に違反した場合

(4)

その他、岐阜県が必要と判断した場合

第13 利用料

   利用者は本サービスを利用するにあたり、岐阜県に対して利用料を支払う必要はありません。
   ただし、本サービスを利用するにあたって付随的に必要となる費用(パソコン・プリンタ等の機器の購入等)は、利用者において負担するものとします。
 

第14 利用時間

   本サービスの利用時間は原則24時間、365日とします。ただし、本サービスの保守等の必要があるときは、岐阜県は、利用者への事前通知を行うことなく、その裁量において 本サービスの運用の停止、休止、中断等を行うことができるものとします。なお、運用停止等を行う場合は、本サービスのトップページでお知らせします。
 

第15 障害時等の措置

   本サービスが障害等により利用できなくなった場合には、利用者は、岐阜県の指示に従い紙による見積書の提出を行うこととし、このことを承知の上で 本サービスを利用するものとします。
 

第16 損害賠償

   利用者は、その責めに帰すべき理由により、本サービスをはじめとする県のシステムに損害を与えたときは、その損害を賠償しなければなりません。
   損害賠償の額は、県と当該利用者との協議により定めるものとします。

 

第17 その他

この規約に定めるもののほか、サービスの運用に関し必要な事項は、別途定めます。

 

本規約は、平成21年4月1日から施行します。
(平成26年4月1日規約改正)