トップページ   >   はじめての方   >   電子調達サービスとは?

■電子調達サービスとは?


1.サービスの概要

電子調達サービスは、岐阜県(※)が日常行う物品などの調達に、参加登録された事業者の皆さんがいつでも事業所などからインターネットを利用し容易に参加できるサービスです。

※ 岐阜県警察(各警察署)からの調達についても、平成21年5月から運用開始しました。

           (主な機能)
  • 調達仕様書閲覧
  • 応札(調達への参加)
  • 開札結果の通知(Eメール、マイページ)
  • 受注後の情報共有(納品・履行期限など)
  • 請求書受理後の支払予定期日参照


2.随意契約案件について

   電子調達サービスには下表の「随意契約案件」に該当する調達案件が登録されインターネット上で見積書の提出が可能となります。

区分 例示 県の予定価格
随意契約案件 入札案件
工事又は製造 工事、印刷物製造等 250万円以下 250万円超
物品購入 事務用品、OA機器、各種機械、本の購入等 160万円以下 160万円超
物件の借入れ バスの借上げ、リースによる物品借上げ等 80万円以下 80万円超
その他 電算業務の委託、各種分析調査委託等 100万円以下 100万円超

注)建設工事に該当する案件は電子調達サービスの対象外となります。
     電子入札(建設CALS/EC)をご利用ください。


3.手続の流れ

・随意契約案件

随意契約案件の流れ


4.特徴的な機能

電子調達サービスには以下のような機能があります。

調達仕様書閲覧・応札

事業所などからインターネットを利用し調達仕様書を閲覧できます。また、応札(調達への参加)も併せて可能です。

請求書受理後の支払予定期日参照

調達完了後(県での履行検査終了後)、請求書を受理し支払事務が開始します。支払予定期日が確定した後、受注者マイページから参照が可能となります。

↑このページトップへ

準備作業(電子調達)へ