■IE8.0及びIE9.0をご利用の場合の設定変更手順


Internet Explorer 8.0及び9.0(以下、IE)をご利用いただく場合、セキュリティ設定を変更いただく必要があります。設定変更手順を以下に説明します。(以下の説明画面では、Windows XPを利用していますが、Windows Vista、Windows 7をご利用の場合も同様の設定が必要です。)  

◎信頼済みサイトに電子調達サービスのアドレスを追加していない場合
※追加している場合は、ページ下部の◎信頼済みサイトに電子調達サービスのアドレスを追加している場合へ進んでください。

  1. IE のメニューバーの「ツール」から「インターネットオプション」を選択してください。

    ⇒インターネットオプション ダイアログが開きます。


  2. 「インターネットオプション」ダイアログボックスから「セキュリティ」タブを選択し、「信頼済みサイト」アイコンをクリックし、「サイト(S)」ボタンをクリックします。
  3.  

  4. 「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする(S)」をクリックし、チェックを外します。「このWebサイトをゾーンに追加する(D)」に「edoc-proc.pref.gifu.lg.jp」と入力し「追加」ボタンをクリックします。 「Webサイト(W)」にアドレスが追加されたことを確認した後、「閉じる」ボタンをクリックします。
  5.  

  6. ◎信頼済みサイトに電子調達サービスのアドレスを追加している場合へ進んでください。


◎信頼済みサイトに電子調達サービスのアドレスを追加している場合

  1. IE のメニューバーの「ツール」から「インターネットオプション」を選択してください。

    ⇒インターネットオプション ダイアログが開きます。


  2. 「インターネットオプション」ダイアログボックスから「セキュリティ」タブを選択し、「信頼済みサイト」アイコンをクリックし、「レベルのカスタマイズ(C)」ボタンを押してください。

    ⇒「セキュリティの設定」ダイアログボックスが開きます。

     
  3. 「セキュリティの設定」ダイアログボックスの「設定(S)」欄内にある項目を下記のように設定します。
     
    項目名 設定値
    XSSフィルターを有効にする 無効にする

    「OK」ボタンを2回クリックして、「セキュリティの設定」ダイアログボックスと「インターネットオプション」ダイアログボックスを閉じます。

    セキュリティの設定

     

  4. IEを再起動してください。